プチ整形の力┃簡単な癖づけで綺麗に二重できる整形手法

美容

サービスと注意点。

美容整形で二重まぶたにしてもらうには金額も安くなり、リスクも以前より少なくなったようです。メスをいれずに行うことができる方法が人気が高い方法です。受ける日が決まったらなるべく休みなどがある時期にしておくと腫れなどが起こった時も安心です。

Read More...

自分の理想を見つける

大都市である横浜には数多くの美容外科があります。数が多いということは選ぶことに悩むと同時に、贅沢な悩みともなります。ですから、数多くの情報を自分なりにしっかりと整理して、自分にとっての理想の美容外科を見つけられるようにしましょう。

Read More...

魅力的な目にするためには

体に傷を付けないプチ整形は二重が人気です。こちらではダウンタイムがないクリニックを紹介してくれていますよ。

目元のお洒落について

小さな目を大きく見せるために、アイプチやアイテープを購入して自分でまぶたを二重にしている人がたまにいます。数百円程度の出費で済ませることができる方法であるため、あまりお金を持っていない中高生がやっているケースが多いですが、あまりおすすめできる方法ではありません。なぜかというと、接着剤のせいでまぶたの皮膚を傷めてしまう可能性があるためです。また、目を伏せた時もまぶたの皮膚が引き攣れたままになっていますので、見た目の違和感が大きいです。二重整形手術の料金は高いと思い込んでいる人が少なくありませんが、プチ整形を利用すれば、10万円前後の費用負担で両まぶたを二重にすることができます。10万円程度なら、学生でもアルバイトで費用を貯めることができます。ただし、プチ整形とはいえ、未成年者が単独で美容整形治療を受ける契約を結ぶことはできません。必ず親権者の同意書が必要になるということを覚えておく必要があります。

手術方法について

昔からよく行われてきた二重整形手術は、まぶたをメスで切り開いて二重のラインを作る方法です。これは、切開法と呼ばれる方法なのですが、まぶたを切り開いたついでに内部の脂肪を除去することができるため、まぶたが厚ぼったくなっている人の場合は、現在でも切開法がよく利用されています。一方、プチ整形で行われているのは埋没法と呼ばれる二重整形手術です。プチ整形の手術はメスが用いられないことが売りになっていますが、埋没法による二重整形手術の場合も基本的にメスは用いられません。簡単に言ってしまうと、手術用の糸でまぶたの皮膚を押さえ込んで二重のクセを作るという方法です。皮膚を切らないので術後のダウンタイムが短くなりますし、仕上がり具合が気に入らなかった場合は簡単に元の状態に戻すことができます。

体の悩み

顔のシミについては、専門機関である美容外科や皮膚科が行っているものになります。さらには、シミ取りに関連をする商品も多くありますので、自分に合ったものの利用をして効果的にシミを取り除くようにしましょう。

Read More...